スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

通訳案内士、平成24年度試験日程出ています!

2012年05月21日 17:48

今年もやって来ました。
だいたい5月の中旬に新しい年度の試験概要が出て、同時に願書の配布と受付がはじまりますが、今年は、

試験日程

平成24年度試験日程

・願書受付・受付期間
平成24年5月14日(月)~ 6月18日(月)

・筆記試験
平成24年8月26日(日)

・筆記試験合格発表
平成24年11月9日(金)(予定)

・口述試験
平成24年12月9日(日)

・合格発表
平成25年2月8日(金)(予定)

です。
日本政府観光局 JNTOサイトより)

昨年度、中国語と日本地理は合格しているので今年度は免除。
後はいつもの「一般常識」と「日本歴史」ですが、すでに受験勉強を始めています。

「一般常識」ではiPhoneのAPP:

時事トレ

で鍛えています。
最初はほんの数問で撃沈していましたが何度も繰り返し少しはましになって来ました。

今年こそ!

スポンサーサイト

平成23年度通訳案内士試験

2011年05月17日 17:26

今、中国にいます。
中国からこのFC2ブログは見ることができなかったのですが、ある方法で見ることが出来るようになりました。

ということで、久しぶりにブログを更新していますが、その理由は、平成23年度通訳案内士試験の概要がわかり、願書配付・受付期間が判明したからです。

平成23年5月16日(月)~6月20日(月)

私は郵送で申し込もうかと思いましたが、訪中に間に合わず、家内に京都府庁まで行ってもらい願書を入手しようかと思っています。
そして、次回、一時帰国予定は6月10日。
帰国次第、願書を作成し提出します。

これまで合格しなかった、一般常識。
以下の本で勉強します。

2011年度版 ニュース検定公式テキスト『時事力』発展編 (2・3級対応)2011年度版 ニュース検定公式テキスト『時事力』発展編 (2・3級対応)
(2011/03/10)
日本ニュース時事能力検定協会

商品詳細を見る


今年こそ、合格したいものです。

願書入手しました

2010年05月21日 22:00

今日、京都府庁へ行ってきました。

京都府庁旧舎

観光課で通訳案内士の願書が入手できるということは電話で確認していましたが、果たして、しっかり願書を入手しました。

施行要領+受験願書+払込票

願書などの配布期間は:平成22年5月17日(月)~6月18日(金)まで。
申請期間は:平成22年5月17日(月)~6月18日(金)まで。

申請には写真が必要です。

縦4.5cmx横3.5cm

受験手数料は:¥8,700円。

ネットバンキングでの送金も可能です。

筆記試験合否通知が発送されました

2009年11月15日 16:53

以下の通り、予定通り、夏に行われた筆記試験の合否通知が発送されたそうです。

筆記試験合否通知を発送しました

今年度の筆記試験合否通知および筆記試験合格者と免除者には口述試験の会場、集合時間、注意事項等の詳細に関するお知らせを11月13日(金)郵送にて発送完了しました。
万一11月19日(木)までに到着しない場合は、11月20日(金)下記の問合せ先にご連絡下さい。

口述試験の会場は筆記試験合格通知に記載されています。

 11月29日  12月6日
東京(英語) 東京(英語以外)
京都(英語) 京都(英語以外)
福岡(英語) 福岡(英語以外)

よく言われることですが、一次試験の結果を待って二次試験の面接の準備をしていたのでは時間がほとんどありません。

私の場合には中国語ですから、12月6日となり、英語に比べると時間はありますが、それでも、一週間遅くなるだけ。
やはり普段から準備が必要なようです。

受験してきました

2009年08月30日 22:21

朝、試験会場の最寄り駅に着くと大勢の人々が。
その前から、近鉄電車に乗った時から周りで参考書などを見ている人がいて、もしかしたらと思っていましたがやはりそうでした。

何と多くの方が受験されるのでしょう。

一部屋、250名ほどの受検者が私が受験した夢告館の二階だけでも3部屋。
別の館でも受験していたので、2,000名ほどの受験者なのでしょうか?

もちろん英語で受験する人が多いのでしょうが、私の部屋は中国語受験だったようです。

何と、この間まで一緒に働いていた方と偶然会うなどうれしいハプニングまでありました。

受験状況の感想では、中国人の受験が多かったですね。

パッと見ではわからないのですが、中国語で携帯電話をしている姿や友人同士で話している光景をよく見ました。

試験の状況ですが…

中国語は、思ったよりできたと思います。ただ、合格してるかどうかは微妙です。

日本の歴史、地理はあまりできませんでした。

そして一般常識。
正確には産業、経済、政治及び文化に関する一般常識ですが、これはいい問題でした。

詳しくはこのブログでもご紹介しますが、通訳案内士としては当然知っていなければならないことを問う問題でした。

反省点としては「新聞を読まなければならない」でした。

今、ニュースはネットで十分かも知れません。
でも、通訳案内士試験で問われるのはニュースプラスアルファの知識。

これは日々新聞を読み、新聞の解説などにも目を通す必要があると感じました。

同志社大学京田辺キャンパス

しかし、この同志社大学京田辺キャンパス。
いい雰囲気ですね。
こんなところでのびのびと学びたい。そう思いました。

090830_0929~0001

ここをくぐるとキャンパス内です。


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。