スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グリーンニューディール

2010年04月25日 14:02

2009年のビッグニュースといえばやはりアメリカ合衆国の新しい大統領:バラク・オバマ(2009年1月就任)でしょう。

「Yes, we can.」

はもちろんキーワードですし、第44代大統領というのもポイント。
ノーベル平和賞(2009年12月受賞)もポイント。民主党もおさえましょう。

このあたりは大丈夫でしょうが、政策の目玉として「グリーンニューディール政策」を打ちだしたのですね。

グリーン・ニューディール』(A Green New Deal)は、2008年7月21日にグリーン・ニューディール・グループが発表し、新経済財団(NEF、New Economics Foundation)により出版されている報告書、もしくはその内容に沿った政策の名称である。
地球温暖化、世界金融危機、石油資源枯渇に対する一連の政策提言の概要が記されている。
報告書は、金融と租税の再構築、および再生可能エネルギー資源に対する積極的な財政出動を提言している。
正式名称は『グリーン・ニューディール:信用危機・気候変動・原油価格高騰の3大危機を解決するための政策集』(A Green New Deal: Joined-up policies to solve the triple crunch of the credit crisis, climate change and high oil prices)。
2008年後半からの世界金融危機などへの対応のため、世界各国でこれに沿った政策が検討もしくは推進されている。
(Wikipediaより)

タイトル・フレーズの由来と借用

報告書のタイトルは、フランクリン・ルーズベルト米大統領がウォール街大暴落とその後の世界恐慌を克服するため行った社会・経済政策であるニューディールに由来している。
だが「グリーン・ニューディール」というフレーズは、グリーン・ニューディール・グループが造り出したものではない。
この用語をより早く使ったのはトーマス・フリードマンとエルザ・ヴェンツェルである。
『グリーン・ニューディール』の発行以来、そのフレーズは幅広く使われるようになった。ヴァン・ジョーンズは、彼の著書『グリーンカラー経済』(The Green Collar Economy)の中でこのフレーズをしばしば使っている。

ニューディール政策(−せいさく、New Deal)は、アメリカ合衆国大統領フランクリン・ルーズベルトが世界恐慌を克服するために行った一連の経済政策。新規まき直し政策とも呼ぶ。
それまでアメリカの歴代政権が取っていた古典的な自由主義的経済政策(政府は市場には介入せず、経済政策も最低限なものにとどめる)から、政府がある程度経済へ関与する社会民主主義的な政策へと転換したものであり、第二次世界大戦後の資本主義国の経済政策に大きな影響を与えた。
世界で初めてケインズの理論を取り入れたと言われる。

罗斯福新政(The New Deal)是指1933年富兰克林·罗斯福就任美国总统后所实行的一系列经济政策,其核心是三个R:救济(Relief)、改革(Reform)和复兴(Recovery)。
以加政府对经济直接或间接干预的方式大大缓解了大萧条所带来的经济危机与社会矛盾。
通过国会制定了《紧急银行法令》、《国家产业复兴法》、《农业调整法》、《社会保障法案》等法案。
第二次世界大战爆发后,新政基本结束。但罗斯福新政时期产生的一些制度或机构如社会安全保障基金、美国证券交易委员会、美国联邦存款保险公司、美国联邦住房管理局、田纳西河谷管理局等至今仍产生着影响。
罗斯福新政与此前的资本主义各国有关政策相比较,最显著的不同是国家对经济加强干预。

绿色新政是由联合国秘书长潘基文提出的概念,呼吁全球领导人在投资方面,转向能够创造更多工作机会的环境项目,以修复支撑全球经济的自然生态系统。
潘基文将“绿色新政”比作“罗斯福新政”,目标是推动“绿色经济”的发展。
スポンサーサイト


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。