スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

観光立国推進基本計画

2012年03月31日 09:36

3月30日、平成24年度からの新しい「観光立国推進基本計画」が閣議決定されました。

※「閣議」=“阁议”“内阁会议”
※「閣議にかける」=“提交内阁会议讨论”
※「閣議決定を求める」=“要求内阁议决定”
※「閣議を開く」=“召开内阁会议”

観光立国推進基本計画について ~観光でつくる日本のチカラと地域の魅力~

に概略と、詳細な資料がPDFで置かれています。

これは押さえておいたほうがいいでしょう。

・この計画は、平成19年1月に施行された観光立国推進基本法の規定に基づき、観光立国の実現に関する基本的な計画として定めています。
•基本計画の策定の方向性として、「観光の裾野の拡大」と「観光の質の向上」を掲げています。
•平成28年までに、[1]国内における旅行消費額を30兆円にする、[2]訪日外国人旅行者数を1,800万人にする等の目標を掲げています。また、新たに訪日外国人旅行者や国内観光地域の旅行者の「満足度」の目標を設定しています。


1.基本計画の見直しの方向性
 観光をめぐる現在の課題を克服し、日本の成長を牽引するべくこれから5年間に更なる飛躍をするため、基本計画の策定の方向性として、「観光の裾野の拡大」と「観光の質の向上」を掲げています。

2.基本的な方針
 東日本大震災を踏まえ、「震災からの復興」を柱の一つとして掲載しています。
 [1]震災からの復興、[2]国民経済の発展、[3]国際相互理解の増進、[4]国民生活の安定向上

3.目標
 観光地域や旅行サービスの質の向上を図るため、[1]国内における旅行消費額を30兆円、[2]訪日外国人旅行者数を1,800万人等の基本的な目標に満足度の目標(訪日外国人旅行者の満足度、観光地域の旅行者満足度)を追加するとともに、新たに、基本目標の下に「参考指標」を掲載しています。

○観光による国内消費の拡大
 [1]国内における旅行消費額
  平成28年までに30 兆円にする。【平成21年実績:25.5 兆円】

○国際観光の拡大・充実
 [2]訪日外国人旅行者数
  平成32年初めまでに2,500万人とすることを念頭に、平成28年までに1,800万人にする。
  【平成22年実績:861 万人、平成23年推計:622万人】

 [3]訪日外国人旅行者の満足度
  平成28年までに、訪日外国人消費動向調査で、「大変満足」と回答する割合を45%、「必ず再訪したい」と回答する割合を60%とすることを目指す。
  【平成23年実績:「大変満足」の回答割合43.6%、「必ず再訪したい」の回答割合:58.4%】

 [4]国際会議の開催件数
  我が国における国際会議の開催件数を平成28年までに5割以上増やすことを目標とし、アジアにおける最大の開催国を目指す。【平成22年実績:国際会議の開催件数741件】 

 [5]日本人の海外旅行者数
  平成28年までに2,000万人にする。【平成22年実績:1,664万人、平成23年推計:1,699万人】

○国内観光の拡大・充実
 [6]日本人の国内観光旅行による1人当たりの宿泊数
  平成28年までに年間2.5泊とする。【平成22年実績:2.12泊】

 [7]観光地域の旅行者満足度
  観光地域の旅行者の総合満足度について、「大変満足」と回答する割合及び再来訪意向について「大変そう思う」と回答する割合を平成28年までにいずれも25%程度にする。【実績値無し】

4.施策
 具体的な施策として、観光庁が主導的な役割を果たすべき主な施策(4項目)及び政府全体により講ずべき施策を提示しています。
<観光庁が主導的な役割を果たすべき主な施策>
 [1] 国内外から選好される魅力ある観光地域づくり(観光地域のブランド化・複数地域間の広域連携等)
 [2] オールジャパンによる訪日プロモーションの実施
 [3] 国際会議等のMICE分野の国際競争力強化
 [4] 休暇改革の推進

5.計画期間
 平成24年度から平成28年度の5年間



スポンサーサイト


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。