FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一般常識(7)

2009年09月03日 16:41

一般常識-2

2 次の文章を読み、問1~問6に答えなさい。(18点)

 訪日外国人客(以下、訪日外客)数は、東京オリンピックを契機に大幅に増加し、( ア )が開催された1970年には約85万人を記録した。80年にはアジアからの訪日外客が全体の約半数を占めるまでになった。80年代後半は、85年の( イ )の後、円高が急激に進行し、特に欧米からの訪日外客が低迷した。97年には史上初の訪日外客400万人を突破したが、98年は、前年の( ウ )の影響で (1)訪日外客が減少した。2003年には、( エ )までに年間の訪日外客数を( オ )とすることを目標に官民一体で推進するビジット・ジャパン・キャンペーン(VJC)が開始された。04年以降、訪日外客は毎年増加し、07年には史上初の800万人台に乗った。(2)08年には前年比0.1%増の約835万人が日本を訪れた

問4 下線部(1)に関して、1998年の対前年減少率が最も大きかったのはどの国または地域からの訪日外客か。次の①~⑤から1つ選び、番号で答えなさい。(3点)

① オーストラリア ② 韓国 ③ シンガポール ④ 米国 ⑤ 香港

⇒前年のアジア通貨危機の影響で減少した訪日外客です。
正解は② 韓国。

問5 空欄( エ )( オ )にあてはまる正しい組み合わせを、次の①~⑤から1つ選び、番号で答えなさい。

① エ:2010年、オ:1,000万人 ② エ:2012年、オ:1,000人 ③ エ:2015年、オ:2015年、オ:1,200万人 ④ エ:2018年、オ:1,200万人 ⑤ エ:2020年、オ:1,500万人

⇒ビジット・ジャパン・キャンペーン(VJC)です。
2010年に訪日外国人旅行者数を1,000万人とするとの目標に向け、日本の観光魅力を海外に発信するとともに日本への魅力的な旅行商品の造成等を行うビジット・ジャパン・キャンペーンを官民一体で推進しています。
このためにビジット・ジャパン・キャンペーン実施本部及び執行委員会が設置されていますが、 日本政府観光局海外プロモーション部は実施本部事務局としての機能を担っています。

重点市場:韓国/台湾/中国/香港/タイ/シンガポール/米国/カナダ/英国/フランス/ドイツ/オーストラリア

有望新興市場:インド/ロシア/マレーシア
(JNTOのVIST JAPAN CAMPAIGEより)

ということで正解は① エ:2010年、オ:1,000万人。

問6 下線部(2)に関して、2008年の訪日外客の国・地域別の順位として正しい組み合わせはどれか。次の①~⑤から1つ選び、番号で答えなさい。

① 1位:韓国、2位:台湾、3位:中国 ② 1位:韓国、2位:中国、3位:英国③ 1位:台湾、2位:韓国、3位:米国 ④ 1位:中国、2位:米国、3位:韓国 ⑤ 1位:米国、2位:台湾、3位:香港

⇒正解は① 1位:韓国、2位:台湾、3位:中国。
これもJNTOのサイトに説明があります。

韓国:2,382,397
台湾:1,390,228
中国:1,000,416
香港は:550,190
英国は:206,564
米国は:768,345
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://yammy49.blog81.fc2.com/tb.php/104-d2172875
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。