スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一般常識(8)

2009年09月04日 15:15

一般常識-2

3 日本の観光についての記述として間違っているものを、次の①~⑤から1つ選び、番号で答えなさい。(4点)

① 観光地における環境や良好な景観の保全が国の重要な施策の一つとして位置付けられている。
② 近年、観光関連の学部・学科を開設して観光人材の育成を目指す大学が増加している。
③ 国の観光行政の責任を有する組織を明確化し、機能的かつ効果的な施策を実施するため、2008年に観光庁が創設された。
④ 旅行需要の喚起策の一つに休暇の取得促進があげられるが、2007年における労働者1人平均の年次有給休暇の付与日数のうち取得率は30%以下である。
⑤ 2007年に策定された観光立国推進基本計画は、観光立国の実現に関する諸施策の推進のためのマスタープランである。

※マスタープラン=“基本规划 jī běn guī huà”

⇒正解は④.
2007年就労条件総合調査(厚生労働省/12日発表)の結果から・・・
年次有給休暇日数(繰越日数は除く。)は、労働者1人平均17.7日(前年17.9 日)。
そのうち労働者が取得した日数は8.3日(同8.4日)で、取得率は46.6%(同47.1%)、前年に比べ0.5ポイント低下している。

30%以下まだ少なくはないのですね。
ただ「労働者1人平均年次有給休暇の取得状況」を見ると、平成11年までは50%あったのが年々少なくなっていますね。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://yammy49.blog81.fc2.com/tb.php/106-6b8381be
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。