FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年はビジット・ジャパン・イヤー

2009年10月03日 05:47

10月1日、国土交通省で「観光庁発足1周年祝賀会」が開催されたそうです。
観光庁は通訳案内士と深い関係。
ちょっと調べてみました。

観光庁

平成20年10月1日に観光庁が発足しました。
我が国の「観光立国」の推進体制を強化するために設立されました。

観光庁は、

①諸外国に対して、観光庁が我が国政府を代表し、対外的な発信力を強化します。
②観光庁長官のリーダーシップにより、縦割りを廃し、政府をあげての取組みを強化します。
③観光庁は地域・国民の皆様に対し、観光に関するワンストップ的な窓口となります。
なお、観光庁は国土交通省の外局です。

そして行われているキャンペーンは:

ビジット・ジャパン・キャンペーン

2010年に訪日外国人旅行者数を1,000万人とするとの目標に向け、日本の観光魅力を海外に発信するとともに日本への魅力的な旅行商品の造成等を行うビジット・ジャパン・キャンペーンを官民一体で推進しています。
このためにビジット・ジャパン・キャンペーン実施本部及び執行委員会が設置されていますが、 日本政府観光局海外プロモーション部は実施本部事務局としての機能を担っています。

重点市場:韓国/台湾/中国/香港/タイ/シンガポール/米国/カナダ/英国/フランス/ドイツ/オーストラリア

有望新興市場:インド/ロシア/マレーシア

2010年と言えば来年ですが、訪日外国人旅行者数はどうなのでしょう?

日本政府観光局(JNTO)

2009年8月の訪日外客推計値は、前年同月比8.4%の68万人となっています。
要員は:
景気低迷による消費・旅行の手控え、円高の継続などがマイナスに作用しているが、インフルエンザ流行による影響は収縮。
(日本政府観光局(JNTO)より)

2010年の1,000万人。
果たして達成できるでしょうか?
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://yammy49.blog81.fc2.com/tb.php/129-0a2031fd
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。