FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気候変動枠組条約締約国会議

2012年02月16日 15:56

■じじもんScurumの実践型テスト2011。

中学受験とはこれほどまでにむずかしいのか、それとも私の一般常識(というか時事の知識)があまりにも足りないのか、まるで通訳案内士試験のようなむずかしさでした。

色々とポイントはあるのですが、今日は、『気候変動枠組条約締約国会議』に注目しました。

日本語版のWikipediaでは、

締約国会議 (COP)

気候変動枠組条約の条約事務局は、ドイツのボンにある。

この条約の交渉会議には、最高意思決定機関である気候変動枠組条約締約国会議 (Conference of the Parties、COP) のほか、常設の補助機関 (SB) に、実施に関する補助機関 (SBI) と、科学的、技術的な助言に関する補助機関 (SBSTA) がある。

とありますが、その第17回会議が2011年年末に開催されています。

18.第17回締約国会議 (COP17) 2011年 11/28 - 12/11 南アフリカ共和国 ダーバン

これについては地名の「ダーバン」が“班”であることを押さえておきましょう。
そして、

1997年12月に開催された第3回締約国会議(COP3、京都会議)においては、2000年以降の取り組みについての規定が不十分であるとして、法的拘束力のある数値目標を定める京都議定書が採択された。
2007年12月3日にオーストラリアが京都議定書に調印、批准したため、先進国で京都議定書に批准していないのはアメリカ合衆国だけとなった。

ここにある「京都議定書」の中国語が“京都议定书”であることさらには来年は以下で開催されることも押さえておきましょう。

19.第18回締約国会議 (COP18) 2012年 11/26 - 12/07 カタール

联合国新一轮气候变化大会11月28日至12月9日在南非班召开,这是国际气候谈判的又一次重要会议。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://yammy49.blog81.fc2.com/tb.php/199-e93cb8af
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。